ガジェット

5Gってなに?ギガバイトとは違うの?

5Gって言葉を最近よく見かけるようになりましたが どうゆう意味なのでしょうか?
まず、5Gは「ファイブ・ジー」と読むようですね。
「G」といえば ゴキブリ?重力(グラビティー)? などなど色々浮かびますが、どれも正解ではありません。
ちなみに私は、ギガバイトだと思っていました。 だってスマホの契約に5GBプランとかがあるんですもん。 ややこしや。




第5世代移動通信システム

5Gとは第5世代移動通信システムのことを言います。 5GのGとは「Generation」のGなのです。
てことは三代目J SOUL BROTHERSさんは 3GJSBという略になりますね。

第5世代移動通信システムということは 今回の前に4世代分の移動通信システムがあることになりますが その4世代はどのようなものだったのでしょうか。

移動通信システムの変遷

1980年代 1G 携帯電話の誕生

1990年代 2G ネット通信・メールの誕生

2000年代 3G ネット情報社会の誕生(ストレスの少ないPCサイトの閲覧)

2012年〜 4G ネット情報社会の浸透(高速化・外での通信もストレスなし)

2020年〜 5G 全ての物事が通信により繋がる
ざっくりいうと上記のような感じかなと思います。

【1980年代 1G】 1Gでは携帯電話の誕生。 携帯電話といっても 最初は私たちが持っているようなものではないですね。 もっと大きくて重いやつ。 バブルネタでブレイクした平野ノラさんが肩から提げている ショルダーバッグのようなもの。 重くて料金も高いので、ビジネスにしかほぼ使われていませんでした。

【1990年代 2G】 2Gではネット通信や、メールができるようになりました。 一般家庭でも使われるようになりましたね。 ただ通信はまだまだ遅いのでテキストメインではありました。

【2000年代 3G】 3Gではデータの高速化が進みました。 PCサイトの閲覧がとても楽になり 動画もストレスなく見れるような時代になりました。 父の携帯を触っていましたが 当時の前期はまだ携帯のスピードは遅かったイメージはありますね。 (もちろん当時からしたら早いのですが。。。)

【2012年〜 4G】 さらにデータ通信の高速化が進み スマートフォンが急激に広がり始めましたね。 外でも動画がストレスなく見れて、物事のサービスのあり方も変わってきましたね。 ネット決済が広く浸透し、クレジット決済ができるので サブスクリプションサービス(定期購読サービス)も出多く出てきました。




そして2020年〜 第5世代通信システム

本当に簡単な話は早くなったデータ通信が もっと早くなるのです。
しかし、それだけで終わりなら 4Gのただの延長線にいるだけですね。
5Gでは全ての物事が通信で繋がるようになります。 電話やメールで人と人が繋がってきましたが 今回は物と人とがつながります。
冷蔵庫と人がつながり、 外出していても冷蔵庫の中身がわかる。
家の扉と人がつながり、 外出先から鍵の開け閉めができる。
車と人がつながり、 自動運転で目的地まで行くことができる。
ロボットと人がつながり、 遠隔操作での手術なども可能に。
確かに今までもあったことなのでは?と思う部分もありますが 確実には実現されていませんでした。
ロボットでの手術はありましたが 遠隔ではできませんでした。 少しでも反応が遅れたら命取りになる可能性がありますからね。
アメリカと韓国では2019年4月から5Gが導入され始めました。 世界初にこだわった2ヶ国は先に導入しましたが 日本は2020年からの導入になります。
試験運用は行われており、 私の身近ですとフジロックで導入されていましたね。
山奥で行われている音楽フェスを Youtubeで生放送する。 しかも1ステージではなく複数ステージの放送。 映像の遅れなどなくごく自然にライブを楽しめました。
撮影して後日放送されていた時代から大きく進んでいるのです。

5Gのキーワードは 「高速大容量」「低遅延」「低コスト/省電力」「多接続」です。 この5Gが今後どのような生活を提供してくれるのか、とても楽しみですね。