豆知識・お役立ち情報

【アルコールジェル】今のうちにコロナ対策!また品切れの予感!

新型コロナウイルスによる被害は皆さん周知の事実かと思います。コロナの影響は生命、雇用、経済など多くのことに被害をもたらしました。そして問題になったことの1つに、衛生商品の品切れ、買い占めがあります。マスクやアルコールの品切れにより不安を覚えた方は多いと思います。

そんな衛生商品のアルコールハンドジェルがとても売れています。一度は少し落ち着いたコロナ問題ですが、また来るであろうとコロナ対策をしているのですね。コロナ問題がまた復活すれば、アルコールもまた品切れになってしまいます。

今のうちにコロナ対策!

新型コロナウイルスの累計感染者が世界で1150万人を超えた。累計死者は53万5000人を上回る。インドの感染者は70万人に迫り、ロシアを抜いて世界3番目になった。世界地図で感染状況を見る。
2020/7/7 10:05 最終更新

新型コロナウイルス感染 世界マップ

コロナ問題は1度落ち着きを見せたものの、まだまだ続いています。

新型コロナウイルスによる7月6日の国内の感染者は173人だった。東京は5日連続100人を超え、首都圏では138人が見つかった。鹿児島では繁華街でクラスター(集団感染)が発生し、4日連続で10人を上回っている。

新型コロナウイルス感染 世界マップ

日本の首都である東京では、今もなお5日連続で100人超えの感染者が出ています。また広まるであろうコロナ問題には先手を打って対策をする必要があります!

マスクやアルコールが市場に出回るようになり、価格も以前の価格に戻りつつあります。コロナ問題がまた広まり始めたら、また品切れ、品薄になり、価格もまた高騰してしまいます。今落ち着いているからこそ、先に対策をしておく必要がありますね。アルコールハンドジェルも今なら在庫がありますので買っておくことをオススメします。

コロナ対策にアルコールハンドジェル

一時期品切れになったアルコールも今は手に入りますね。手に入るタイミングで手に入れておきたいものです。アルコールは今やたくさんの場所で見かけますね。

アルコールハンドジェル需要

今やいろんな場所でアルコールハンドジェルを見かけるようになりました。飲食店の入り口、会社のエントランス、デパートの入り口など、人が多く出入りする場所には必ずと言っていいほどおいてありますね。

食事前や、仕事中、外出の前後、会議の前後、手洗いの後など使うべきタイミングはたくさんあります。

どのお店もウイルス対策を行っています。この状況ですと今度は、対策をしていない側が否定されるような世界にもなってきます。あのレストランはコロナ対策してないからやめておこうとか、あの会社はコロナ対策をしていないとか世間は言い始めてしまいますよね。その対策のためにも身の回りにアルコールハンドジェルを置いておく事はとても重要です。

ウイルス対策を100%する事は基本的には厳しいですが、対策を行っているということが重要になってきますね。

アルコールハンドジェル

そんな対策に必要なアルコールハンドジェルですが、一つご紹介させて頂きます。

アルコールハンドジェルの特徴

・販売本数3.5万本!
・国内メーカー提供!
・在庫15万本!
・注文から最短で発送
・速乾性なのでべたつかない

販売本数3.5万本のアルコールハンドジェル!ということで多くの方が使用している安心できる商品です。在庫は15万本あるとのことですので今のうちに買っておくと後で安心ですね。今は在庫ありますがまたコロナ問題がひどくなればすぐに品切れになってしまいますもんね。。。

国内メーカー提供のアルコールハンドジェル!ですので海外のものだと怖いなと思っている方も安心です。日本のメーカーが提供しているというだけで何故か安心感がありますよね。

そして意外かもしれませんが、アルコールハンドジェルは速乾性なのでべたつかないのです。なんかベタベタしそうですよね。そうではないとのことですので安心です。それなら会議の前や、食事の前に使っても不愉快にならなくていいですね。

早めに対策しておかないと、いつコロナ問題が酷くなるか分かりません。できる限りの対策は今のうちにしておくことをオススメします。今回はアルコールハンドジェルのご紹介でした。

探していた方はもちろん、この先手に入らなくなる可能性が怖い方は是非手に入れておきましょう。下記画像をクリックすると商品ページへ移りますので、気になる方はクリックを!