映画・動画

『ピンポン』アニメ版ネタバレ感想:球さえも「おにぎり」のよう

映画版のピンポンは見たことあったのですが、アニメ版は見たことありませんでした。漫画も見たことなかったので。
原作は松本大洋なので見なきゃとは思っていましたがようやく見れました。
シリーズ物が動画配信されるのは最高です。一気見しまくりです。

そんなアニメ版の『ピンポン』について少しお話を。

『ピンポン』概要

あらすじ

才能にあふれ、卓球が好きで好きでたまらないペコ。子供の頃から無愛想で笑わないスマイルにとってペコはヒーローだ。だが、ペコはエリート留学生チャイナに完敗。インターハイでも、幼なじみのアクマに敗れてしまう。一方スマイルは、コーチに才能を見い出され、実力をつけていく。現実の壁にぶつかったペコと強さに目覚めたスマイル。それぞれの道を歩き始めた彼らに、またインターハイの季節がやってきた…。 

filmarks

こちらは映画版の『ピンポン』のあらすじを流用笑
内容は変わりませんからね。アニメ版の方がボリュームは増えていますが映画の内容と大きな部分は変わりません。映画とアニメみると原作も見たくなりましたね。多分原作もっといいんですよね。。。

松本大洋さんも今回のアニメ化には喜んでくれているようですね。
だって湯浅監督だもの。。。

キャラクター

ペコ(星野祐)

映画見た方なら窪塚が演じたペコさんのイメージはとても強いかと思いますがあんな感じのゆるーいキャラですね。
自信家で、卓球が大好きな子供の心を持った男の子です。その子供らしさっていうのはお菓子大好きってところにも表現されていますね。
小さい頃は多くの大会で優勝するようなとても強い子だったのですが、高校に入ってからは中国人のコンや、幼なじみのアクマにも負けて卓球から遠ざかってしまいます。しかし、アクマからの強い想いを受けたりスマイルとの想い出を思い返して再びラケットを握るようになります。

スマイル(月本誠)

全く笑わないからスマイルとかロボットとかあだ名を付けられています。昔小さい頃に虐められており、それをペコが助けてくれて、それからペコはスマイルにとってのヒーローになるのです。そしてスマイルというあだ名が付いた本当の理由も明らかになります。それは、ペコがスマイルに卓球を教え、卓球をやっている時だけ笑うからスマイルだったのです。このストーリーは最高ですね。そっちだったんだって感動します。
いつもゲームをしていて、最後ペコとの試合に向かう前もゲームをしています。その時にはこのゲームを置いていきます。ペコという本気で遊べる相手が戻ってきたのが嬉しくて置いて行ったのでしょう。
スマイルにとってのヒーローが戻ってくるのだからゲームはもういらないと。

ドラゴン(風間竜一)

高校生の迫力じゃありませんね。日本の卓球界では最強とされる男です。ユースで世界一にもなっている強者です。アニメの中ではドラゴンの孤独さが際立って描かれていました。クリスマスには1人で筋トレし、海王の重圧も1人で背負っています。そんなドラゴンは卓球を苦しみながらやっているそう。「誰のために卓球をやっているのか?」の問いにはチームのためと答えます。自分のために卓球が出来てなくて苦しみながら卓球をしているのです。
しかしペコとの対戦で父と一緒にやった楽しい卓球を思い出し、笑顔になります。ペコは強い相手であればあるほど高く飛べると言いドラゴンとの対戦で高く飛びます。ドラゴンもペコとの対戦で卓球の楽しさを思い出し、鎖が解かれ高く飛べるようになります。何だかとてもいい関係ですよね。

その他にも

その他にもたくさんキャラクターはいますが、メインどころはこんな感じ。
アクマや、チャイナ、オババにバタフライジョーと個性の強いキャラクターがたくさんいます。

『ピンポン』ネタバレ感想

湯浅政明監督

監督は湯浅政明氏。アニメ化決まった時にはこの時点で喜んでいる方もいたのではないでしょうか。
『四畳半神話大系』『夜は短し恋せよ乙女』『クレヨンしんちゃん』映画シリーズ、『Devilman crybaby』など素晴らしい作品ばかり手掛けている方です。

もう本当に独特の表現ですよね。いや、もしかしたらリアルに再現しすぎるとああなるのかな?全然詳しくないから分かりませんがそれぐらい独特です。
そして今回もその湯浅さんのおかげでいい作品に仕上がっていますね。

球さえも「おにぎり」のように柔らかい

すごく個人的な意見ですが卓球の球さえも正円で描かれていなくて少しグニャグニャしているんですよね。もちろんそこだけ綺麗な丸でもオカシイんですけど、なんかそこにすごく温かさを感じました。
人間の歪さもありますが、温かさも強く出ているような気がしました。おばあちゃんが握ったおにぎりみたいだなと思いました。
そこがとても好きでしたね。

音楽もやばくない?

アニメ見ていてこんなにずっといい曲が流れること珍しいと思います笑
ずっと音楽で煽られていました。『聲の形』や『Devilman crybaby』の音楽も担当していた牛尾憲輔さんが今回も担当していたようです。サウンドトラック欲しいですよこれは。

あと個人的には爆弾ジョニー昔から好きだったので興奮しました。アニメのタイアップとかやってたんですね。

まとめ

何から何まで最高でした!見たことない人には是非見て欲しい!
ストーリーも、絵も、映像としても、音楽までもがどれをとっても最高の一言。原作読んだことないので読んでみます!