豆知識・お役立ち情報

重大インシデントとは?台車に亀裂が見つかり新幹線では初の認定。

12月11日夕方に、博多発・東京行きの「のぞみ34号」で異常があり名古屋駅で休止しました。調査の結果、台車枠に亀裂があったことが見つかり、新幹線では初の重大インシデントに認定されました。

スポンサーリンク



重大インシデントって何?

今回の一件で、当たり前のように使われているこの言葉
どんな意味かご存知でしょうか。

重大インシデントとは、

事故には至らなかったものの深刻に危険だった事件のことを言い、
国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会が認定するものです。

今回の一件でも、事故調査官がすでに3名派遣され調査に当たっていますが
この方達が重大インシデントを認定するようですね。

インシデントとは英語で「事態」や「事変」といった意味です。
直訳すると「重大な事態」
重大な事態であるのは間違いありませんが何とも安直な名前ですね。

この名前をつけることには何の意味があるのでしょうか。
今回の事件でこの言葉が使われ
今後の再発防止に役立ってくれれば意味が出てきますね。

スポンサーリンク



新幹線の台車に亀裂

11日夕方、福岡県の博多発・東京行きの「のぞみ34号」で焦げ臭い匂いや、唸るような音がして運転を中止しました。
名古屋駅で緊急点検を行うと、油漏れや、台車枠に亀裂があったことが見つかり、
国の運輸安全委員会は重大な事故に繋がる恐れがあったとして調査を始めました。

モーターの回転を車輪に伝える「継手」が変色していたようです。

亀裂が酷くなり、台車枠が破損していたら
脱線の恐れもあったとして新幹線では初の重大インシデントに認定されました。

新幹線が走り始めてからかなりの時が経ちますが
初の重大インシデントということは
事故が起きた時の予測が難しいものですね。

まずは事故が起きないことを願います。

スポンサーリンク